xArm

xArmとは

xArmは、労働生産性を飛躍的に向上させる製造システムを支援するために作られました。xArmを使えば、生産性が95%以上向上し、その投資コストは、人件費の削減と生産性の向上によって、直ぐに回収することができます。

Introduction

Features of xArm

使いやすさ

xArm Studioは、コードなしでロボットアームをプログラムする新たな方法を提供しています。単純に手でxArmに動きを教えれば、その移動経路を繰り返し動作させることができます。複雑な経路のプログラミングでも、10分で完了できます。

複数のプラットフォームをサポート

xArm StudioはmacOSやWindowsなどの様々なオペレーティングシステムと互換性があります。xArmはPCでコントロールするだけでなく、iPadやAndroidデバイスでもコントロールが可能です。xArm SDKは、Python、ROS、C++に加えて、統合の柔軟性のための完全なオープンソースのプラットフォームも含まれています。

Python Source code: https://github.com/xArm-Developer/xArm-Python-SDK
ROS Source code: https://github.com/xArm-Developer/xarm_ros
C++ Source code: https://github.com/xArm-Developer/xArm-CPLUS-SDK

強力な関節

内臓のハーモニックリデューサー、ブラシレスサーボ、および17ビットマルチターンアブソリュートエンコーダーにより、xArmの関節は耐久性があり、精度が高く、長期間正確なアプリケーションで動作します。

*xArm6/xArm7のすべてのジョイントにハーモニックドライブが使われています。xArm 5 Liteはハーモニックドライブと低バックラッシュギアを使っています。

軽量

xArmはカーボンファイバー製で、重量は15kg以下、リーチは700mmです。

xArmは、従来の産業用ロボットアームと比較して50%以上軽量のカーボンファイバーで作られています。  それは、単に最適な強度を実現するだけでなく、大きなフレキシビリティも実現しています。

Here is what xArm can do

xArmは、多関節で設計されているため、繰り返し処理を行うのに適しています。

機械を操作するために人員を採用すると、ヒューマンエラーの発生原因が伴います。それに比べて、xArmの高度に計算された精密なハードウェアは機械を正確に操作します。

3Dプリントが終了すると、xArmはコンピュータビジョンシステムでそのことを検知し、自動的にオブジェクトをプリンターから取り外します。

xArmのコンピュータビジョンシステムのおかげで、ロボット工学の研究はもっと簡単になります。

xArm comes in 3 models

xArmには、3つのモデルがあります。各モデルの違いの詳細は、下記のビデオをご覧ください。

xArm 5 Lite

xArm 6

xArm 7

Spec & Accessories

Spec

Accessories

お問い合わせはこちら