uArm


uArm Swift Pro

uArmのペイロードは500gで、再現性は±0.2mmです。

uArmは、CNCカッティングと低バックラッシュ金属ギアボックスから作られていて、
画面とキーボード操作(テスト)に最適な助手です。

使いやすさ

uArm Studioでは、コードなしでロボットアームをプログラムする新たな方法を提供します。カラフルなブロックでロボットをプログラムするだけです。その後、uArmは意図した経路をわずか10分で繰り返すことができます。





複数のプラットフォームをサポート

uArmにはPython SDKも含まれています。完全にオープンソースなソフトウェアプラットフォームは、ロボットアームを独自のシステムに統合するため、より柔軟な方法を提供します。

耐久性のあるデザイン

ギアボックスには更に注意が払われています。低バックラッシュな硬化鋼歯車は、0.2mmの再現性と4000hのライフサイクルを提供します。12bitアブソリュートエンコーダーにより、妥協することなくロボットの関節を十分に正確に保つことができます。

静電容量式スタイラス

特別な設計構造により、静電容量式スタイラスのタッチ操作とスワイプ操作が容易になります。これにより、タッチスクリーンやボタンテスティングに最適です。

軽量

uArmはアルミニウムとCNC切削で作られていて、重量は2.2kg未満です。そのため、テスト作業に最適です。

お問い合わせはこちら